【2020年7月13日】北欧ライフスタイルに学ぶ

投稿日: インフォメーション

スタイリッシュながら温かく居心地のよい空間を作り出す北欧インテリア。
日本でも人気が高く、今や定番のスタイルとなっています。

北欧インテリアといえばIKEAが思い浮かびますが、他にもHAYやBoConceptなど素敵な北欧系ショップがあります✨
https://www.hay-japan.com/ext/teaser.html
https://www.boconcept.com/ja-jp/

北欧は夏は短く冬が長いということで知られています。
フィンランドの首都・ヘルシンキの冬至の日は、日照時間が6時間にも満たないそうです。
必然的に秋から春にかけては室内で過ごす時間が多くなり、そのような環境下でも楽しく豊かに過ごすためにデザインやライフスタイルが発展を遂げたと言われています。

何年か前にデンマーク語の“HYGGE”(ヒュッゲ)という言葉が注目されました。
「人と人とのふれあいから生まれる、温かな居心地のよい雰囲気」を指す言葉です。
また、スウェーデンには“LAGOM”(ラーゴム)と呼ばれる「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味の、物質主義や消費主義とは反対にある概念があります。
モノや人とのつながり、そして自分の時間を大切にし、豊かな暮らしを実現しているのだと感じます。

withコロナ・afterコロナの世界で快適なおうち時間を過ごすためのヒントが、この北欧のライフスタイルにたくさんあるように思います。

日々のちょっとしたことに感謝を忘れず、心にゆとりを持って、本当の意味での豊かさを育んでいきたいですね✨

 


一覧へ戻る